クリスタルのデキャンタ

2012年11月23日

イギリスで出会ったアンティークのデキャンタ

クオリティとカットの美しさに引かれて日本まで

連れてくることになりました。

デキャンタはワインを直接グラスに注ぐのではなくて

一旦空気に触れさせるために入れ替えるための容器です。

その作業をデキャンタージュといいます。

デキャンタージュに不向きなワインもあるようですし

賛否両論いろいろあるみたいですね。

それは置いといて・・・

こちらのデキャンタはクリスタルガラス製です。



酸化鉛がガラスの24%以上使われているものを

クリスタル(レッドクリスタル、フルレッドクリスタル)と呼ばれています。

12%以下をセミクリスタルといいます。

そう!クリスタルと一口にってもクオリティは色々・・・

同の含有量によって光の透明度や屈折率が高くなります。

そして比重が大きくなるほど、打音が澄んでいて余音を

持つのです。

ペルラにも1000円台で販売しているクリスタルのグラスも

あれば10倍の10000円代のグラスもありました。(←売り切れましたが)

見ていただいたら一目瞭然ですよ。

もちろん打音も違いますから。

ワインを入れなくとも、飾っていただくだけでもキラキラ

と輝きを放ってくれて部屋が明るくなりますよ。






同じカテゴリー(アンティーク家具)の記事画像
師走に入って・・・
実は・・・
ドアノブたちご紹介♪
ペールカラー
アンティーク農具
秋晴れの週末ですね!
同じカテゴリー(アンティーク家具)の記事
 師走に入って・・・ (2012-12-03 15:51)
 実は・・・ (2012-11-22 14:06)
 ドアノブたちご紹介♪ (2012-10-30 11:54)
 ペールカラー (2012-10-22 14:16)
 アンティーク農具 (2012-10-20 15:05)
 秋晴れの週末ですね! (2012-10-13 13:33)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。